読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OSも無料の時代へ。windowsを手放し、Mac風OS「elementaryOS」に切り替える。(Linux Ubuntu)

f:id:be-goodman:20170217145948p:plain

OSにお金を払う時代は終わろうとしている

そのPC買い替え、少し待ってほしい。
PCの動きが悪くなり、今の機種は気に入っているが…というあなたへ。

かつてはマニアック向けだったLinuxがあなたのPCを蘇らせるかもしれない。

本ブログでは以前にもcloudreadyでのPCの初期設定OSからの代替案を紹介した。
だがその際はchromebook化という使い道が限られたOSの紹介だったこともあり、万人にオススメできるものではなかった。

筆者はその後も試行錯誤を重ね、一旦の決着として今回紹介する美しいuubuntuディストリビューション「elementalyOS」を使用するに至っている。
本記事では同OSの魅力や使い道についてお伝えしていきたい。

こんな方にオススメ

  • PC(ハード面)のスペックなどへの興味がある
  • トラブルが発生した際に検索などを活用して自力で修復させる気概を持つ
  • 無料で今持っているPCがサクサク動くことへ期待感がある

Mac風ディストリビューション「ElementalyOS」

f:id:be-goodman:20170217150010p:plain

elementary OSはUbuntuベースのLinuxディストリビューションである。

elementary OSプロジェクトは既存のデスクトップ環境で認められた多数の不備を解決することを狙いとしている。つまり: - ユーザインタフェースの簡素化による全体的な美観の向上 - CやValaで書かれたコアアプリケーションの使用によりソフトウェア依存関係を減らすこと - 端末へのアクセスの必要を減らすこと

-wikipedia「elementary OS」より

PC推奨スペック

2017年2月現在、公式サイトで推奨されるスペックは以下である。

  • Intel Core i3 または互換性のあるデュアルコア 64 ビットプロセッサー
  • 1GB のシステムメモリー (RAM)
  • 15GB のディスク容量
  • インターネット接続

-elementalyOS「インストール」より

Core i3のみ少し条件が厳しいかもしれないが、他のスペックは満たすPCがほとんどだろう。

インストール・初期設定

公式サイトおよび、以下のサイトが丁寧に解説してくれている。 ここではリンクの紹介という形にした。

無料で使える各種おすすめアプリ

Synapticパッケージマネージャ(アプリインストール)

sudo apt-get install synaptic

ソフトウェアセンターが初期設定であるが、少し重い。 インストールしておこう。

Chromeブラウザ

ダウンロード(公式):パソコン版chrome

まずはWebブラウザ。わからないことはググろう。
(最近はスマホで調べて構築ができるようになった。本当に便利な時代である)

Ubuntu Tweak(Ubuntuカスタマイズツール)

f:id:be-goodman:20170217144421p:plain ダウンロード(公式):Ubuntu Tweak

システムの確認やアプリのアンインストール、キャッシュの削除などが行える。

gnome-system-monitor(システムモニター)

f:id:be-goodman:20170217150049p:plain sudo apt-get install gnome-system-monitor
elementalyOSにはタスクマネージャやリソースモニタがないので。

GIMP(photoshop代用)

f:id:be-goodman:20170217150059p:plain ダウンロード(公式):GIMP

使い方は以下リンクを参照していただきたい。

Inkscape(illustrator代用)

f:id:be-goodman:20170217150111p:plain ダウンロード(窓の社):Inkscape

こちらも使い方は以下リンクを参照していただきたい。

LibreOffice(microsoft office代用)

f:id:be-goodman:20170217150124p:plain ここは強調しておくべきポイントかもしれない。
多くのPCユーザーにとって、microsoft officeの有無は、そのままPC選択の要因、もっといえば足かせになってきたはずだからだ。

office込の機種にするためにプラス1〜2万円を払うようなケースも少なくない。

しかし、これからはもうその代金はいらない。 Linuxには(本当はWindowsにもなのだが)オープン系のオフィスアプリが充実している。

その中でも今回はシェアの高いLibreOfficeを選んだ。

ダウンロード(公式):LibreOffice

使い方については、LibreOfficeを採用するJA福岡市がマニュアルを随時更新している。(社会貢献として有意義な情報公開だと思う。好感を持った) - LibreOffice -JA福岡

ブラウザ上の作業で事足りるという方には、Googleが提供しているアプリで十分かもしれない。
その場合は、インストールは不要である。

fileZilla(FTP ファイル転送)

f:id:be-goodman:20170217150138p:plain Webサイト制作などでFTPソフトが使いたい方にはこのアプリがおすすめである。 有名アプリ「FFFTP」などと遜色なく使うことができる。

ダウンロード(日本語情報サイト):fileZilla

使い方については、以下2サイトを読めば、おおよそを掴むことができるはずだ。

おわりに

Linuxのディストリビューションは本当に多数のものが今も開発されている。

今回紹介したelementalyOSだけでなく、以下記事などを参考に、自分に最も合ったディストリビューションが見つかれば幸いである。

【目的別】初心者におすすめのLinuxディストリビューション7選 -エンジニアの入り口
【2016年】初心者にオススメのLinuxディストリビューション -クロの思考ノート
Linuxビギナー必見!ディストリビューションの種類と選び方 -code部