ララランドは大人に「生き方の選択」を突きつける映画だ。(感想サイトまとめ)

f:id:be-goodman:20170326180718j:plain

「ララランド」本予告編(Youtube)

諦めかけた夢を

本作はアメリカのロサンゼルスを舞台に夢を追う若い男女が織りなすストーリーだ。
(こう書くと既視感さえ覚える、「よくある設定」だ…)

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。
About Movie -ララランド公式サイト

ミュージカル映画ではない?

筆者は本映画を知人に誘われて観たクチだが、「ミュージカルで楽しい2時間」を楽しむ映画かな、と映画館に向かった。

間違いだった。

本作は観る人に過去への哀愁を、一度きりの人生が持つ悲哀を突きつけてくる。

夢に向かって歩む2人が惹かれ合う。
それだけのことが、物語になる。

これは、そうした経験を同じように持つ人の心を刺す作品だ。

恋愛の経験値を多く持つかではない。
人生に「if(もしもこうだったら…)」は存在しない、という現実を改めて描いている。

当初と違う客層にも受け入れられているそうだが、単なるラブストーリーとは一味違うのだろう、と筆者は考えている。

感想サイトまとめ

多くの人が語りたくなる映画である。

オマージュ

本作は過去のハリウッド映画に敬意を評しているともいわれ、オマージュといえるシーンが多数登場する。

この場面見たことある!『ラ・ラ・ランド』はあの名作シーンがいっぱい!

古き良きハリウッド映画を好きな人も楽しめるはずだ。

ぜひ、大画面での鑑賞をオススメしたい。